春の温かい日に接ぎ木をします。

まずは桃の若枝を採取します。下記のような感じです。

下の方を鉛筆削りのように薄く削ります。

桃の若枝

台木はこのように切り込みを入れます。

台木

台木の切込みに先程の若枝を差し込んで台木と接ぎ木の皮の部分をうまくつなぎます。

若枝を差し込んだ台木

接ぎ木を差し込んだらこのテープを最初に巻きます。
このテープは接ぎ木を成功させる魔法のテープです。

接ぎ木用テープメデール

これを巻いた後にこんな感じでぐるぐる巻きにします。

テープを巻いた桃の木

このように接ぎ木しますが、接ぎ木が成功する確率は半分くらいです。

こうやって、春になったら接ぎ木で少しずついい苗を増やしていきます。

もちろん、美味しい桃の小枝をどんどん作っています。