1月~2月 枝の整理と土作り

①枝の剪定及び枯枝の除去
②土壌手入れ「冬草の除去及びたい肥補充」
* 冬季に休んでいる間に土壌を柔らかくして、根が動き安くなるように土作り。
酸素吸入ができやすく、しかも、たい肥で土壌が発酵した状態に回復させる。つまり、ミミズが活躍できる土壌にすることで樹木の生長を助ける。これが美味しい果樹栽培につながる基本かな。

 
3月 開花の準備

上旬 越冬病害虫の防除作業「石灰硫黄合剤」の散布

中頃  蕾の摘蕾(花が咲く前に少しでも樹木に余分な負担を無くすための作業)
「各枝の上向き及び蕾を除去」

下旬  花粉(白鳳品種)を採集(きれいな瓶で保管する)
受粉可能な品種をつかう。蕾がピンク色の時に採集して機械で分離した雄しべの先端部のみを乾燥。

 
4月上旬 人工授粉

樹木自身で結実しない品種(川中島白桃)への対応。採取しておいた黄金の雄しべを各枝毎に手作業で行う。

 
5月上旬~中頃 予備摘果

パチンコ玉~ドングリ実の大きさの頃に各枝3個ぐらいまで間引く。間引くことで栄養を集中させる。

下旬  最終摘果及び袋被せ 6月中頃までに袋着せが終了できるように 最も忙しい時期

 
6月 中頃(下旬) 極早生品種の収穫始まり

* 逐次約一週間単位で品種が変わり、大きさや味を整えていきます。

 
8月中頃 までが、 収穫の季節です。

4月初めより8月上旬までに、約10日~半月単位で防虫・殺菌作業をします。

何故そのように頻繁に農薬散布しなければならないのかをご説明します。
頻繁に散布することで、病害虫を防護して寄せ付けない為のバリアを設けます。
これによって綺麗な美味しい果実を生産することができます。
それから、回数を複数回に分散することで極力薄い農薬散布、消毒ができます。
手間を考えると一回で多めに散布すれば虫や細菌を一網打尽にできますが、
安全で美味しい生産物を作るためには手間隙掛ける必要があります。

 
9月以降 整理整頓と夏期剪定(下旬に実施)

収穫が終わっても作業はあります。
桃畑から不要なものを撤去します。例えば反射マルチシートです。
これは太陽の光を実に反射させるためのものです。
これによって葉の光合成を活発にさせて甘みをより増加させ、色もピンク色にさせる働きがあります。
余分に成長した枝を樹木の成長維持管理に必要で無い枝のみを取り除く

 
10月 お礼肥の補填

実をつけて弱った木々へ肥料を散布して木々の回復をさせる。

 
11月 元肥散布

まだ葉っぱがあるときに次年度の成長に必要な養分を補充させる。

 
12月 植え替え作業

老木を掘り起こして新たなる幼木を植え付ける。

これが一年間を通じて行う橋村農園の桃育成に関する大まかな作業手順であります。

その他
防護の為のネット展張や蛾や害鳥防護策等あらゆる作業があります。