農園のご案内

和歌山県紀の川市桃山町にある橋村農園は、約50年前から桃やはっさく、柿などの果物を栽培してきました。

和歌山の温暖な気候は桃の栽培にとても適しているため、ブランド「あら川の桃」の栽培をメインに、皆様に安心してお召し上がり頂けるよう農薬や化学肥料は最低限に抑える方法で大切に育てております。

現在、家族3名で育成、収穫をしており、(繁忙期には、アルバイトの方や娘が支援してくれています。)約140アールに約250本の桃の木、約75アールに約200本のはっさく、約10アールに約50本の柿(種なし柿)、約10アールに30本の津野望(つののぞみ)を栽培しています。

 
・桃(約250本)

白鳳園地の様子

早生品種:日川白鳳
面積:約20アール、5年後に40アールの予定
収穫時期:概ね6月20日頃から6月末
収穫量:概ね現在7000個、2年後に1万個

 
中頃品種:白鳳
面積:約40アール、将来30アールに変更予定
収穫時期:概ね7月10日頃から7月20日
収穫量:現在概ね2万個

 
やや晩生品種:なつっこ
面積:約25アール、幼本園地で20アール
収穫量:僅か(研究用・新品種)

 

清水白桃園地の様子

晩生品種:清水白桃
面積:約20アール、
収穫量:約1万個

 
川中島白桃園地の様子

晩生品種:川中島白桃
面積:35アール
収穫量:約1万個

以上、令和3年では5万個の袋被せを予定しておりますが、収穫数量的には落下や鳥による被害、傷による不良品を考えて約7割収穫できればという予想であります。

 
・はっさく(約200本)

早生品種
面積:約45アール(現在、幼木が30アールあり、全体には後5年程で成木予定)
収穫量:約2000キロ
    
 
普通品種はっさく
面積:約30アール
3年後には、現在老木(約50年生)の為新たに植え替え予定
理由は、収穫した実が小さいのが増え始めてた為に改植予定
収穫量:1級及び2級(家庭用、はっさくジュース用)約8000キロ

 
・種なし柿(約50本)

面積:約10アール
収穫量:古木のため約300キロ

 
・津野望|つののぞみ(30本)

面積:約10アール
柑橘類(ヒメマドンナの類似品)

以上が我が農園の植え付け果樹品種となります。

農園概要

農園名 橋村農園
代表 橋村 一幸
所在地 〒649-6111 和歌山県紀ノ川市桃山町最上1152
電話・FAX 0736-66-2723
E-mail info@hashimura.group